<noframes id="5rfz9"><span id="5rfz9"></span>

    <delect id="5rfz9"><span id="5rfz9"></span></delect>
    <rp id="5rfz9"></rp>

        <video id="5rfz9"></video>
          <track id="5rfz9"></track>

                <listing id="5rfz9"><big id="5rfz9"><progress id="5rfz9"></progress></big></listing><th id="5rfz9"></th>
                  TOPページへ 企業情報 CSR イトーヨーカドーのCSR CSR基本方針/推進体制

                  CSR基本方針/推進体制

                  CSR活動基本方針

                  創業以来「お客様、取引先、株主、社員に信頼される誠実な企業でありたい」と社是に掲げ、ステークホルダーの立場に立った「ステークホルダー経営」に努めてきました。
                  近年、社会は大きく変化し、ステークホルダーを取り巻く環境も日々変化を続け、ステークホルダーの期待や要望も変化しています。こうした変化に対応し、本業を通じてステークホルダーの抱える課題の解決に貢献できるように努力を続けています。

                  ステークホルダーとの対話

                  ステークホルダーとの対話

                  ステークホルダーとの対話を重視し、ご要望?ご意見を積極的に収集しています。

                  CSRの重点事項

                  ステークホルダーのご意見をもとに、取り組むべきCSRの重点事項を抽出しています。

                  コンプライアンス
                  • コンプライアンスの徹底
                  お客様への約束
                  • 安全?安心な商品?サービスの提供
                  • 安心して利用できる店舗づくり
                  • お客様の声への誠実な対応
                  お取引先への約束
                  • 公正取引の徹底
                  • お取引先との連携
                  地域社会への約束
                  • 地域のインフラとして
                  • 店舗を活かした地域への貢献
                  • 東日本大震災からの復興支援
                  • 社会?文化貢献活動
                  社員への約束
                  • 多様な人材の活躍推進
                  • 公平な評価?処遇
                  • ワーク?ライフ?バランスの実現
                  環境についての約束
                  • 環境負荷の適切な把握
                  • 低炭素社会に向けた
                    エネルギーの効率的な利用
                  • 循環型社会の構築に向けた
                    資源の有効活用
                  • 環境意識の啓発

                  目標と実績

                  「目標?計画(Plan)」を立てて「実践(Do)」し、「評価(Check)」し、継続的に「改善(Action)」につなげていくことで、CSRの取り組みを深化させ、本業を通じて社会の課題解決に貢献していきます。

                  CSR推進体制

                  イトーヨーカドーは、セブン&アイHLDGS.のCSR統括委員会と連携してCSRの推進に努めています。

                  CSR推進体制

                  持続可能な開発目標(SDGs)への対応

                  「持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals)」は2030年までに、すべての人に平和と豊かさを確保するために社会?経済?環境面における持続可能な開発を目指し、2015年に国連サミットで採択された国際社会共通の目標です。これまで、ステークホルダーの声を活かした事業活動を行ってきた当社もこの目標に賛同し、引き続き本業を通じて社会課題の解決に貢献していきます。

                  Sustainable Development Goals

                  スコープ3の算定

                  環境省?経済産業省の「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドラインVer2.1」に沿って、サプライチェーン全体におけるCO2排出量「スコープ3」を算定しています。この算定結果をふまえ、サプライチェーン全体でのCO2排出量のさらなる削減を目指します。

                  ※スコープ3:自社排出量以外の原材料?商品の調達?配送?商品使用?廃棄過程から出るCO2排出量